北井企画*北井画廊

<< 浜田翠苑「心の空」/ Hamada Suien " The Sky of Mind " | main | +PLUS THE ART FAIR 003 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Koyama Mizuho "Eternity in an Hour"
 


北井画廊では、10月6日(土)から27日(土)まで 小山みづほ「Eternity in an Hour」
を開催いたします。 

Koyama Mizuho solo exhibition "Eternity in an Hour" will be held in Gallery KITAI from 6(Sat.) to 27(Sat.) Oct. 2012
                            *English text follows.
 
小山みづほ 「Eternity in an Hour」                                                                                   

会 期:2012年10月6日(土)〜 10月27日(土)
休 廊:日・月・祝日  
会 場:北井画廊     
            東京都北区昭和町1-9-16 Tel 03-5692-6552 【地図】


 小山みづほは、昭和の書の大家・桑原翠邦に師事、書宗院で研鑽を積んだ後、 徐々に自身の創作活動に移り、近年は文字や言葉を幾何学的、建築的アプローチによって 組み立てた作品シリーズを制作しています。主に、万葉集等の古い詩から文字や言葉を 取り出して彼女が解釈したイメージ像を設計し、そこに置くべき文字や言葉を的確 に配置してゆきます。その行為は古代遺跡の素材を用いて現代建築物を作り上げる作業のように、 表れた彼女の作品は、古くもあり新しくもあります。現代芸術に於いて全く新しい創造物という ものは無いに等しいと言われ、あらゆるものが既にどこかで発見され、再考され、時代を経て文明 が進むほどに複雑化してゆきます。今では読むことすら難しくなった万葉の言葉、古の言葉は、 その時代に最新の文明であり文化でした。現代人には読めなくなってしまった古代人の言葉が、 小山みづほが抽出した形象イメージによって、古くて新しいものとして蘇ります。 2008年から海外アートフェアーでの発表を機に、彼女の作品は海外でも反響を得始め、 2010年には米・サラトガの画廊で個展が開催され、2013年には銀座鳩居堂画廊と、ニューヨークの 画廊での個展が予定されるなど、国内外の活動の幅を広げています。 



 Koyama Mizuho " Eternity in an Hour " 


6 (Sat.) - 27 (Sat.), Oct. 2012 
Gallery hour: 12:00~19:00 
Close: Sun. Mon. National holidays 
1-9-16 Showamachi Kita-ku, Tokyo 114-0011 JAPAN (map)
tel 03-5692-6552 


KOYAMA MIZUHO has studied traditional Japanese calligraphy for a long time under Kuwahara Suiho who is a master of Japanese calligraphy in Showa period. After that she creates own style that is constructed by geometric and architectural approach of words and characters. Mainly her works are inspired from old poetry as MANYOUSHU (The Anthology of Myriad [Ten Thousand] Leaves). She takes words and characters out of the poem, then she designs image by her explication, put the stuffs out and into her new one accurately. The works are old - new as her action is something like work that she creates new buildings from stuff of old relics. It's often said that nothing is perfect new creation in contemporary art world, everything are found, get reconsidered, it become even more complex as civilization progresses. Old words that are hard to use these days are civilization and culture of cutting-edge at the time. The words of Ancient human are come back by figurative images of Koyama Mizuho. Since 2008, her works got a great feedback the opportunity that the works are exhibited in international Art fairs. In 2010, solo exhibition of her was held in Saratoga, U.S.A. .In 2013 solo exhibition will be held in Galleries of Tokyo and New York.


Gallery KITAI

村越
| 展覧会 | 12:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:28 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE