北井企画*北井画廊

<< 浜田翠苑 心の色 Hamada Suien "The Color of Mind" | main | Artexpo New York 2012 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Kazu Shimura 展 "TRANSCODISM"  顕在化する記憶の新たな結合


 



 北井画廊では、2月25日(土)〜3月10日(土)の間
 Kazu Shimura 個展  "TRANSCODISM" を開催いたします。 

Kazu Shimura Exhibition "TRANSCODISM" 
will open on 25th Feb. - 10th Mar. 2012 at Gallery KITAI.
                                                                      *English information follows.

Kazu Shimura 個展 「TRANSCODISM -顕在化する記憶の新たな結合- 」 

会  期:2012年2月25日(土) - 3月10日(土) 

休  廊:日・月・祝 

開廊時間:12:00〜19:00 

     宴  :2012年3月3日(土) 17:00~ *入場無料・作家在廊予定 

場  所:北井画廊      
               東京都北区昭和町1-9-16 tel 03-5692-6552 【地図】   

Kazu Shimuraは、伝統的な水墨画を制作する中、近年は完成した水墨画をデジタルカメラで 撮影するという手法で作品を制作。 「墨絵は内在する記憶をトランスコードし、予測できない結合により新たな表現を生むためのプラットフォーム」というコンセプトでこれらの写真作品は制作されている。 

墨絵の伝統的技法である非対称組成と余白は、過去とのコミュニケーションを誘発する。たとえば、モノクロの墨絵の中にどの色をみるかは鑑賞者の記憶の蓄積によって違います。鑑賞者の過去が墨絵によって脳内で変換(トランスコード)され、未来を描く作用に着目し制作しているのが「トランスコーディズム」のシリーズです。 

コミュニケーション方法が刻々と変化し、また色でさえ数字でインプットされるデジタル時代において、この「トランスコーディズム」は、インターネットのソーシャルな関係性が社会に与える変化を反映する取り組みとして発表している。この伝統の美術分野から派生した現代の水墨写真美術は2009年から欧州のアートフェアで非常に注目されています。

また本名の志村一隆(しむら かずたか)としては、1991年早稲田大学卒業、WOWWOW入社。 2001年ケータイWOWWOW設立、代表取締役就任。テレビ番組のモバイルコミュニティを構築、ソーシャルテレビの 嚆矢(こうし)となる。
2007年より情報通信総合研究所で、テレビとインターネットの海外動向の研究に従事。 年間2ヶ月は海外に滞在、現地事情をリアルに発信している。2000年エモリー大学でMBA、2005年高知工科大学で 博士号を取得。

著書に『明日のテレビ』(朝日新聞出版2010年)や『ネットテレビの衝撃 ―20XX年のテレビビジネス』( 東洋経済新報社 2010年)、『明日のメディア』(ディスカバー・トゥエンティワン2011年)があり、 ウェブでの主な連載は、ロックメディア、JBpress、TBSあやとりブログ。 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

   


Kazu Shimura Solo Exhibition 

 "TRANSCODISM" 


25th(Sat.), Feb. - 10th(Sat.), Mar. 2012.
Close on Sun., Mon., National holiday.  

Gallery hour : 12:00 - 19:00 

Reception:17:00 -  on 3rd(Sat.), Mar. 2012 
 *Kazu Shimura will be at the gallery. *admission free. 

1-9-16 Showamachi, Kita-ku, Tokyo 114-0011 JAPAN 
tel +81-(0)3-5692-6552


KAZU Shimura is a SUMI-E artist. He creates traditional Sumi-E works and he also creates digital photo works by the technique that takes pictures of original his Sumi-E works in resent years. 

“SUMI-E is the platform for transcode of your immanence” His digital photo works are created by this concept. In Sumi-E technique, asymmetry composition and the vacant space provoke communication. Sumi-E colors itself by the memory of viewer. For instance a maple leaf in Sumi-E colors either yellow or green depending on what you saw. “TRANSCODISM” series are created by the action that past memory transcode to future image in brain of audience.

And “TRANSCODISM” is the key point of this digital era and it changes the way of communication. “TRANSCODISM” is the art initiative that reflects this social change. 

This SUMI-E photo art that descendent from traditional Asian art field are attracted by audience of art fair in Europe since 2009. 

And Shimura KAZU pursues his study how does Internet give transformation to media, and he has 3 books to his credit. 

 We are looking forward to your visit.


Gallery KITAI 
北井画廊



| 展覧会 | 11:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:43 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE