北井企画*北井画廊

<< お見舞い申し上げます | main | 倉庫展 / Permanent Exhibition 2011-#1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
小山みづほ展 Koyama Mizuho Exhibition @ESCRIBA

小山みづほ展 がレストランESCRIBAにて 4月4日(月)〜4月30日(土)開催中です。

Koyama Mizuho Exhibition @ESCRIBA now open. 4th(Mon.),  - 30th(Sat.), Apr.2011


 

* English information follows.

 

小山みづほ展     

201144日(月)〜430日(土)

 @Restaurant ESCRIBA

東京都港区麻布台2-2-12三貴ビル屋上 TEL03-5545-5450

 

時 間:ランチ  11001500

    ティー  15001700

    ディナー 17002330

定休日:日・祝日

※レストラン内の展示の為、ご来場の際はオーダーを賜ります様、お願い申し上げます。

 

お問い合わせ先

北井画廊    info@kitaikikaku.co.jp


小山みづほ

明治生まれの書の大家・桑原翠邦が創立した書宗院で書の研鑽を積んだ書家。高度な書の技術を身につけた後、徐徐に自身の創作活動に移り、近年は文字や言葉を幾何学的、建築的アプローチによって組み立てた作品シリーズを制作しています。主に、万葉集や13世紀ペルシャの神秘主義詩人RUMI(ジェラール・ウッディーン・ルミ)の詩から、文字や言葉を取り出して彼女が解釈したイメージ像を設計し、古代から既に存在している詩の限定的な文字や言葉を使いながら、新しいものへと作り替えています。

それは古代遺跡の材料を使って現代建築物を作り上げる作業のように、表れた彼女の作品は古くもあり新しくもあります。万葉の言葉、古の言葉は、その時代に最新の文明であり文化でした。現代人には読めなくなってしまった古代人の言葉が、小山みづほの取り出した形象イメージによって、古くて新しいものとして蘇ります。

2008年から海外アートフェアでの発表を機に、彼女の作品は海外でも反響を得始め2010年には米・サラトガの画廊で個展が開催されるなど、国内外の活動の幅を広げています。


 小山みづほオフィシャルサイト



Koyama Mizuho Exhibition

 

4th(Mon.),Apr. - 30th(Sat.),Apr.2011

 @Restaurant ESCRIBA

2-2-12 Azabudai, Minato-ku, Tokyo tel.03-5545-5450

 

Open hour: Lunch 11:00 - 15:00

                     Tea   15:00 - 17:00

                     Dinner 17:00 - 23:30

Closed: Sunday and National Holidays

* This exhibition is in restaurant, please order dietary in there.

 

Contact to : Gallery KITAI    info@kitaikikaku.co.jp

 

Koyama Mizuho is Japanese calligraphy artist. She has studied calligraphy at  SHOSOIN (one of Japanese calligraphy association) that was founded by Kuwabara Suiho who is great calligraphy master in Meiji period. She creates her own style after got virtuosity of calligraphy. In recent years, she is creating series that put together words and character by geometric and architecture approach. Mostly, she extracts words and character from MANYO-SYU (now the oldest existing anthology of poetry in Japan) and old poem of RUMI -Mawlānā Jalāl-ad-Dīn Muhammad al-Balkhī Rūmī- who is 13 th-century Persian mysticism poet. And she designs the limited wards and character of old standing by her commentary images, then renew by her own way. It is "old - new work" that likes architect creates contemporary construction from materials of ancient monument. Old words were the latest culture and civilization at the time. The words and character come back as "old – new works" by her image to modern human who cannot read the words.


 Koyama Mizuho Official Site



北井企画 / Gallery KITAI


村越

| 展覧会 | 11:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:37 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE