北井企画*北井画廊

<< もうひとつのトビラ#10 大谷早苗展 | main | LINEART - The border contemporary art zone >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
+PLUS Tokyo Contemporary Art Fair
 


*English Information follows.

+PLUS トウキョウ・コンテンポラリーアートフェア
綱島礼子 個展 / 北井画廊

北井画廊は +PLUSトウキョウ・コンテンポラリーアートフェアに出展致します。
弊廊ブースでは綱島礼子の個展を披露致します。

会期/時間 2010年11月19日(金)16:00〜20:00
           11月20日(土)11:00〜20:00
           11月21日(日)11:00〜17:00

会場:東美アートフォーラム(東京美術倶楽部3F・4F)
   東京都港区新橋6−19−15

北井画廊ブースナンバー: 【3−13】 (3F)

入場料:1000円 *小学生以下無料 **最終日の21日は500円




「TCAF」から「+PLUS」と名を改めたこのアートフェアは、
現在に於いてはもちろんのこと、将来に於いてもその価値が維持
されるであろう品質と尊厳を持った美術作品発掘の場として
成り立つべきものとして企画されました。
出展画廊には100年を超える歴史を持つ美術品商組織「東京美術倶楽部」
メンバーをはじめ、優れた審美眼を持つ美術品商たちが名を連ねます。
真に美の品質を追求する、生まれ変わったトウキョウ・コンテンポラリーアートフェア。
ぜひ、足をお運びください。(+PLUS 実行委員会)

........................................................................................

+PLUS Tokyo Contemporary Art Fair
Tsunashima Reiko SOLO Exhibition / Gallery KITAI

Gallery KITAI participates in +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair.
We would like to show you the artworks of Tsunashima Reiko SOLO 
Exhibition at our booth.

Date and Open hours
19th(Fri.), Nov. 16:00-20:00
20th(Sat.), Nov. 11:00-20:00
21st(Sun.), Nov. 11:00-17:00

at TOBI Art Forum : Tokyo Bijutsu Club 3F and 4F
    6-19-15 Shinbashi, Minatoku, Tokyo

To the venue

Gallery KITAI booth No. 【3−13】(3F)

Admission fee
1,000JPY  *Under 11 Years old are admission free
                **Last day on 21st(Sun.) is 500JPY






綱島礼子(東京都出身)

武蔵野美術短期大学を卒業。
東洋書芸院で書を学んだ後、2002年作品集「墨の情景」を発表。
綱島礼子の作品は、墨による抽象表現である。
描かれたものは一見すると自然の風景のようでもあるが、
彼女はそれを「全て墨の情景である」と語る。
作品は制作時の気候や、墨、水、紙の具合が大きく影響するため
「自然との共作」という性質を併せ持つ。綱島も、筆を運ぶ中で、
墨が滲む偶然性を必然とし、そこに広がる何かを表現している
のだという。一方で、作品はパネル上のマットや、カットや
レイアウトまで全て作家自身の手によって制作されており、
緊密に計算された東洋の芸術度の高さが感じられる。


TSUNASHIMA REIKO (Born in Tokyo)


Tsunashima Reiko graduated from the Musashino Art University
Junior College of Art and Design, and after studying at TOYO
Shogeiin, released a collection of works "Sumi-no-jokei(Scenes of Sumi)
in 2002. Her art works represents abstract expression using india 
ink(Sumi). The objects depicted at a glance seem to be scenes of 
nature : however, the artist describes them as "all scenes in ink".
Since the calligraphy works are strongly influenced by weather 
conditions at the time of their creation as well as the conditions of the
ink. Weather and paper, they also stated that they express "something"
that expands outward while taking advantage of the haphazardness of
the blurring of the ink as she manipulates the brush.
Meanwhile, she also produces everything by her own hands including 
even the panel mat cuts and layouts, giving one the sensational of
a high degree of perfection in meticulously calculated Asian art.


北井画廊
Gallery KITAI


村越


| アートフェアー | 14:44 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:44 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE